How To Prepare Soybeans Row

一週間ほど日本各地で大雨が降りました。ここしばらくは気温も低く24℃前後の日が続きましたが、ようやく梅雨前線の切れ目になったようです。

ベランダの大豆を畑に移し、トンネル支柱を立てて畝を整えました。

『夏に菜園内で枝豆を育てたら、どこからかやって来たカメムシにすっかり食べられてしまった。』という方のお話を参考にして、植え付けた後すぐに不織布でカバーしました。




風でめくれないように、地面からのカメムシの侵入を防ぐために、農業用クリップで固定します。


不織布の両端は括って、テントなどを止めるペグでしっかりと土に留めました。






ベランダで待機している間に徒長してしまった苗の上部をカットして水に刺しておいたら、根がでました。カットした苗からも葉っぱがでて成長したので(写真を撮り忘れてしまいましたが;)どちらも植え付けました。




本当なら、土が乾いてから植え付けるのが良かったと思うのですが、8月も下旬になり今後の成長が気温が下がり過ぎると止まりそうだったので、少しあわてて植え付けてしまいました。大きく育ってくれたら良いな。。

秋雨前線が過ぎたら、また猛暑が予報されています。天候や気温に振り回されやすいこの頃です、どうぞご自愛くださいませ。